コミケ100回の歴史を振り返るコーナーも満載!【コミケPlusVol.17】本日発売!C100記念人気クリエイター大集合!

公開日:2022年7月22日 更新日:2022年7月20日

2022年7月22日に発売された「コミケPlus Vol.17」では、C100を記念した特別コーナーが目白押しだ。今日はその第二段として、クリエイターからのコメント企画を紹介しよう。超ベテラン作家からのコメントや、昔のコミケットの思い出を語ってもらったマンレポは必見!

有名サークルからコメント多数! 昔のコミケットがわかる介錯先生のマンレポも!

1975年に始まったコミケットも、いよいよ第100回(C100)を迎えることとなった。もちろん、コミケPlusVol.17ではC100を祝してさまざまな特別企画を展開している。

その特別企画のひとつに、コミケットに参加している有名作家さんからコメントを募集し、一挙掲載するコーナーもある。今回はその誌面をチラ見せするので、好きな作家さんがいないか確認してみよう。

コミケPlusVol.17 C100記念 作家メッセージ

サークルカットともにメッセージを掲載させていただいた。ただし、C100に不参加の方はサークルカットが未掲載となっている(コミケPlus編集部提供)。

また、マンレポもC100を記念する特別版となっており、あの「介錯」先生には晴海時代のコミケットについてマンレポを描いていただいた。ご存知の方も多いとは思うが、介錯先生はサークル介錯を主催するマンガ家で、代表作には『鋼鉄天使くるみ』や『神無月の巫女』などがある。コミケットとも関わりが深く、C46(1994年夏コミ)でうちわイラスト、C49(1995年冬コミ)では森林保護募金のポスターを描いているのだ。

ちなみに、コミケット40周年の際に刊行された「コミックマーケット40周年史」では、男性系サークル編の座談会にも参加されているので、今回のマンレポと併せて読んでみると面白いだろう。

コミケPlusVol.17 マンレポ C100記念

ベテランサークルの介錯先生描き下ろしマンレポ。今では考えられないことだらけでびっくり! ただし「ここで描けるレベル」ということにしてもらったので、それ以上にいろいろなことがあったのだろう……。気になる内容は是非本誌でチェックしてほしい (コミケPlus編集部提供)

(文=西澤浩一)
イメージ写真はコミケPlus編集部提供