C101は2022年12月末に開催予定!コミックマーケット第101回(C101)の開催はどうなる? 

公開日:2022年9月1日 更新日:2022年9月1日

記念すべき第100回コミケ(C100)が終わったばかりだが、次回開催予定のC101はすでに動き出している。そこで今回は、2022年12月末に開催されることになっているC101について、2022年8月末時点で分かっていることを紹介しよう。C100とはどのように変わるのだろうか?

C101は2022年12月30日~31日、東京ビッグサイトで開催される予定!

2022年8月13日、14日の2日間で第100回コミックマーケット(コミケット・コミケ)C100が開催された。新型コロナの影響もあり、一般参加者は有料チケットを購入した人のみが入場でき、1日の参加者は8万5,000人(2日間で17万人)に制限されていた。

そんなC100はとくに大きな混乱もなく無事終了したが、すでに2022年12月末にはC101(冬コミ)の開催が動き出している。公表されている情報はまだまだ少ないが、現状で分かっていることを確認してみよう。

C101 コミケ コミックマーケット 開催 東京ビッグサイト

2日間で17万人が参加したC100。C101もC100同様、東京ビッグサイトにおいて2日開催される予定となっている(写真はコミケPlus編集部提供)

●コミックマーケット準備会「コミックマーケット101の開催にあたって」→こちら

■コミックマーケット101の概要
【開催日時】2022年12月30(金)~31日(土)
※10時30分~16時(出展サークル・企業ブース)
【場所】東京ビッグサイト(全館)
【一般参加者】参加証が必要(有料チケット制)
【サークル参加】すでに応募は締め切り済
【ジャンルコード】「ウマ娘(335)」を新設
【出展企業】コミケWebカタログにて12月上旬より公開予定
【コミケカタログ冊子版】12月3日発売予定
※DVD-ROMカタログの発行は未定
【コミケWebカタログ】C101向けは11月11日18時から公開予定
【準備会の当日販売物】12月中旬公開予定

●コミケWebカタログ→こちら

C101は前回のC100と何がどう変わっている!?

まず、現状の感染状況を見れば12月末時点でコロナ禍が収束しているとは考えにくく、C101は2022年12月30日と31日の2日間開催となっている。もちろん、会場はいつもの東京ビッグサイトが全館使用される予定だ。

サークル参加の応募はすでに締め切らており、おそらく今回と同じ2万サークル程度が参加することになるだろう。

次に、一般参加者についてもC100と同じように有料チケット制となり、事前にチケットを購入した者だけが入場できるスタイルになると見られている。

C101 コミケ コミックマーケット チケット 参加証

C100では入場待機列に並ぶ前に、入場受付で有料チケットと身分証明書を見せてリストバンド型参加証を受け取る方式がとられていた。C101でもこの方式は受け継がれるだろう(写真はコミケPlus編集部提供)

ただし、C100では新C99より1日当たりの入場者数が3万人増えたことで、午後から入場できるチケットが新設されていた。もし、C101で1日当たりの入場者数が増えれば、チケットの販売枚数の増加や新たなチケットが設定される可能性はあるかもしれない。

また、入場に当たっては新型コロナ感染防止の観点から、C100同様に受付で手指消毒や検温が実施されるだろう。チケットと身分証明書を提示して参加証を受け取るスタイルもC100と変わらないと思われる。

C101 コミケ コミックマーケット 検温

新型コロナ蔓延防止策として、C100では入場受付では手指消毒と検温が実施されていた。残念ながら37.5℃以上ある人は入場できない(写真はコミケPlus編集部提供)

C101のカタログ冊子版は12月3日発売が予定されているが、DVD-ROM版については未定。その代わり、コミケWeb版カタログは11月11日からC101版が公開され、企業ブースに関しては12月上旬に情報が公開される予定となっている。

●コミックマーケット101ジャンルコード一覧→こちら

■C101のジャンル
【12月30日(1日目)】
創作(JUNE/BL)/オリジナル雑貨/デジタル(その他)/TYPE-MOON/VTuber/ゲーム(その他)/ゲーム(電源不要)/ゲーム(ネット・ソーシャル)/ゲーム(RPG)/ゲーム(恋愛・ソーシャル女性向)/スクウェア・エニックス(RPG)/艦これ/刀剣乱舞/アズールレーン/ウマ娘/FC(ジャンプその他)/アニメ(その他)/アニメ(少女)/ガンダム/TIGER&BUNNY/ユーリ!!! on ICE/ガルパン/TV・映画・芸能・特撮/音楽(洋楽・邦楽・男性アイドル)/FC(小説)/FC(少年)/FC(少女・青年)/名探偵コナン

【12月31日(2日目)】
創作(少年)/創作(少女)/歴史・創作(文芸・小説)/学漫/ギャルゲー/同人ソフト/アイドルマスター/ラブライブ!/東方Project/評論・情報/ 鉄道・旅行・メカミリ/コスプレ/男性向
※2022年8月時点での予定です。今後変更される可能性があります

C101ではジャンルにも変更があった。現在大人気のスマホゲーム「ウマ娘」が新設されているほか、どのジャンルが何日目に配置されるのかも発表されている。ただし、これは変更される可能性もあるので今後の情報を確認しよう。

というわけで、ここまで発表されている情報を見る限り、C101はほぼC100と同じスタイルで開催されるようだ。となると、C101の会場配置や当日の会場入場ルートもC100に準じたものになると考えられる。今後、新たな情報がコミックマーケット準備会から発表されたら、その都度オタスポガイド.comでも最新情報をお伝えしたいと思う。

C101 コミケ コミックマーケット 企業ブース

C100では南1・2ホールが企業ブースに割り当てられるなど、これまでと違う配置となっていた。C101でどうなるのかはまだ分からない(写真はコミケPlus編集部提供)

C101 コミケ コミックマーケット 待機

C100では西・南会場の入場受付が南3ホールに配置され、企業ブースの待機列として南4ホールが贅沢に使われていた(写真はコミケPlus編集部提供)

(文=いしばしいちろう)
イメージ写真は筆者撮影