コミケPlus C100アフターレポート第3弾C100写真レポート スタンプラリーや寄せ書きコーナーも!【C100ならではの風景編】

公開日:2022年8月20日 更新日:2022年8月17日

2022年8月13日、14日ついに記念すべき第100回コミケ(C100)が開催され、コミケPlus編集部も全力で会場の熱気を伝えようと取材に入った。1日目はまさかの台風直撃で大混乱となったが、C100では特別イベントやC100でしか見られない風景も随所に見受けられた。アナタはどこまでチェックしただろうか?

C100を記念した特別イベントやC100でしか見られない風景とは?

コロナ禍の影響が残るなか、2022年8月13日から東京ビッグサイトにおいて第100回コミケ(C100)が開催。コミケPlus編集部でも万全の体制で取材に向かった。

3年ぶりとなる夏コミは猛暑が心配されたが、初日は台風が直撃することに。しかし、2日目の8月14日は最高気温33℃と夏コミらしい猛暑となった。

そんなC100では、第100回を記念したさまざまなイベントが用意されていた。まず、注目したのは「C100記念スタンプラリー」。これは会場内の4カ所(東7・東3・西1・南2)に設置されており、大判のスタンプを押して回るイベント。4つすべてを集めると一連のストーリーになっていた。

次に、注目したのが会場内の3カ所に設置された「C100記念寄せ書き」。初参加者やベテラン参加者が、それぞれのコミケット第100回に対するコメント寄せており、なかなか見ごたえがあった。

■C100をお祝いするお花

C100 夏コミ コミケ お花

東1ホール入口付近に展示されていたのが、C100をお祝いするお花。関連企業や団体、個人からも送られていた。これぞまさにC100ならではの風景だろう(写真はコミケPlus編集部撮影)

■C100記念スタンプラリー

C100 夏コミ コミケ スタンプラリー

「C100記念スタンプラリー」は東7・東3・西1・南2の4カ所に設置されていた。こちらは東7ホールのスタンプ設置場所のポップ(写真はコミケPlus編集部撮影)

C100 夏コミ コミケ スタンプラリー

こちらは南2ホールの企業ブース内に設置されたスタンプ。失敗しないようにみんな丁寧に押していた(写真はコミケPlus編集部撮影)

C100 夏コミ コミケ スタンプラリー

筆者も取材中に見つけてはスタンプを押していった。スタンプごとにインクも変えられておりカラフルな仕上がりに!(写真はコミケPlus編集部撮影)

■C100記念寄せ書き

C100 夏コミ コミケ 寄せ書き

C100ならではの試みとして寄せ書きが設置されていた。場所は東2、東5、西1となっていたが、こちらは西1ホールのもの(写真はコミケPlus編集部撮影)

C100 夏コミ コミケ 寄せ書き

予告にはなかったが、北コンコースのマスコミ受付前にも寄せ書きが展示されていた(写真はコミケPlus編集部撮影)

C100記念イベントはほかにもあった。「スマホで作れる!同人誌」はお絵かきアプリ「ibisPaint」を利用して誰でも簡単に同人誌を作れることをアピール。また、東7と西4のコスプレエリアでは「コスプレフォトスポット」やコスプレエリア「アニバーサリーポップ」が用意されており、C100らしいコスプレ写真を撮影できるようになっていた。

●お絵かきアプリ「ibisPaint」→こちら

もちろん、東京ビッグサイトではお馴染みのコミケ仕様のスポーツドリンクや、お土産も入口の売店で販売され、かなりの行列を作っていた。また、コミケットでは1日に数万人の参加者が集まるので、大手キャリアはそれに備えて電波通信を支えるための移動基地車を出動させている。C100では東駐車場にドコモ、au、ソフトバンク、UQ mobile、Y!mobileのほか、楽天モバイルも参加していた。

■C100開催記念特別展示「スマホで作れる!同人誌」

C100 夏コミ コミケ ibisPaint 同人誌

C100開催記念特別展示として北コンコース内に「スマホで作れる!同人誌」の掲示もあった。「ibisPaint」アプリを利用することで、誰でも同人誌が作れちゃうのは便利かも!(写真はコミケPlus編集部撮影)

■コスプレフォトスポット

C100 夏コミ コミケ コスプレ

前回の新C99でも導入されていたコスプレフォトスポット。C100ではサークルカットを模した特別版が設置されていた。写真は東7ホールの様子(写真はコミケPlus編集部撮影)

C100 夏コミ コミケ コスプレ

こちらはDr.モロー氏のイラストを利用したC100記念コスプレフォトスポット。こちらも東7ホールに設置されていたもの(写真はコミケPlus編集部撮影)

C100 夏コミ コミケ コスプレ

西4ホールにもコスプレフォトスポットは設置されていた。こちらは企業ブースに参加した「Cospot」が提供したもので、カメラマンに囲まれた感じになる(写真はコミケPlus編集部撮影)

■アニバーサリーポップC100 夏コミ コミケ コスプレ

コスプレフォトスポットにはC100記念のアニバーサリーポップも置かれていた。これはいい記念になりそう(写真はコミケPlus編集部撮影)

■東京ビッグサイト土産(C100仕様)

C100 夏コミ コミケ お土産

こちらは、東京ビッグサイトが運営するビッグサイトサービスの売店。毎回コミケに合わせたお土産が用意されているが、C100記念のお土産も豊富で長い行列ができていた(写真はコミケPlus編集部撮影)

C100 夏コミ コミケ お土産

こちらも、毎回コミケに合わせて東京ビッグサイト内の自動販売機で販売されているスポーツドリンク。夏コミではとくに水分補給が大切なので助かる。C100ではぱん先生がイラストを担当していた(写真はコミケPlus編集部撮影)

■キャリアの移動基地車(東駐車場)

C100 夏コミ 楽天モバイル コミケ

楽天モバイルがC100をお祝いするポップを展示していたので何事かと思ったら、今回から楽天モバイルもコミケ会場内での電波通信を支える移動基地車を出動させていた(写真はコミケPlus編集部撮影)

いかがだろうか? コミケットでは目的のサークルや企業ブースにしか行かず、すぐに帰ってしまう人も多いと思う。とくに現在は新型コロナが収束していないので、それも仕方ないと思うが、コミケット会場内をじっくり回ってみれば、毎回面白い発見もあるだろう。

次回のC101は2022年12月30日、31日の2日間開催が予定されているので、もし、C101に参加するチャンスがあれば、是非コミケット会場を一巡りしてコミケットを隅々まで堪能してみてはいかがだろうか?

(文=いしばしいちろう)
イメージ写真はコミケPlus編集部提供

@comiketofficial
https://www.comiket.co.jp/