ホークス本気の造形美をご堪能あれ!「ボークスF.S.S.シリーズ展 in 秋葉原ホビー天国2」8月20日より創業50周年記念の超大作お披露目!

公開日:2022年8月19日 更新日:2022年8月17日

秋葉原のフィギュアやプラモデルなどの専門店「秋葉原ホビー天国2」において、2022年8月6日から展示イベント「ボークスF.S.S.シリーズ展 in 秋葉原ホビー天国2」が開催されているが、8月20日から展示物が追加されることになった。いったいどんな展示物が用意されているのだろうか?

ボークス創業50周年を記念した超大作が登場!?

フィギュアやプラモなどを取り扱っている株式会社ボークス。そのボークスが運営している秋葉原のホビーショップが「秋葉原ホビー天国2」だ。フィギュアなどの立体物を趣味としている人なら、一度は訪れたことがあるだろう人気店である。

「秋葉原ホビー天国2」は、2021年6月に秋葉原の中央通り沿いに店舗を移転。以前より秋葉原駅から少し遠くなったものの、徒歩5分以内と利便性は変わらない。

そんな「秋葉原ホビー天国2」では、2022年8月6日~8月28日まで「ボークスF.S.S.シリーズ展 in 秋葉原ホビー天国2」と題した展示イベントを開催中だ。これは、ボークスが30年にわたり造形してきた『ファイブスター物語(F.S.S.)』シリーズに登場するロボットが一堂に会する展示会となっている。

とくに、ゴティックメードからはレジンキット「1/72 ツァラトウストラ・アプターブリンガー(ツァラトラ)」や「1/72 ゲートシオンマーク3 リッタージェット・破烈の人形」。モーターヘッドでは今冬発売予定のプラキット「1/100 エンゲージSR1」などが話題。

入場チケットは再入場不可の当日券と、期間中何度も入場できる特別チケットの2種類を用意。特別チケットには、3種類のチケットフォルダから1種類を選ぶことが可能となっている。

さらに、「ボークスF.S.S.シリーズ展 in 秋葉原ホビー天国2」では、8月20日より新たな展示物が追加される。注目の展示物はボークス創業50周年記念の超大作! 除幕式のようなスタイルで本邦初公開を予定しているとのこと。気になる人は是非「秋葉原ホビー天国2」を訪れてみよう!

■開催情報
日時:2022年8月6日~8月28日 11:00~19:00※店舗の営業時間とは異なる
会場:ボークス秋葉原ホビー天国2 6階イベントホール
TEL:03-3254-1059
入場料:当日券550円(税込)※1回のみ有効(再入場不可)
特別チケット=チケットフォルダ(デザイン3種)付き各1650円(税込)※期間中は何度でも入場可能
特設サイト→こちら

現在予約抽選中の注目作「ツァラトラ」展示の様子。マンガから忠実に再現された精緻なデザインが魅力(写真は株式会社ボークス提供)

歴代『F.S.S.』シリーズ立体造形展示。30年にも及ぶ長編作品なので、ロボットの種類も多彩だ(写真は株式会社ボークス提供)

仙台と福岡ではミニキャラバンが決定!

「ボークスF.S.S.シリーズ展 in 秋葉原ホビー天国2」は好評を博しているということで、地方からの要望も多い。そこで、仙台と福岡の2カ所で縮小版「ミニキャラバン」の開催が決定している。仙台は10月22日から、福岡は12月24日から開催される予定だ。

展示には「ツァラトラ」をはじめとするゴティックメード立体造形、モーターヘッドプラキット「IMS」を中心に展開。常に進化を続ける『F.S.S.』メカデザインを、忠実に立体化し続けるボークスの最先端造形である。必ずその目で確かめてみよう。

■仙台
場所:ボークス仙台ショールーム
日時:10月22日~11月13日

■福岡
場所:ボークス福岡ショールーム
日時:12月24日~2023年1月15日

ミニキャラバンの告知ポスター。地方民には数少ない実物を見られる機会なので、興味がある人は行ってみよう(写真は株式会社ボークス提供)

(文=西澤浩一)
イメージ写真は筆者撮影

@volks_hobbydept
https://hobby.volks.co.jp/event/fss-exhibition/220806.html