これがあれば猛暑の夏コミも乗り切れる!?C100夏コミで役立つ便利グッズ5選 サンコーのコミケ向けグッズが話題に!

公開日:2022年8月12日 更新日:2022年8月10日

秋葉原の中央通りに実店舗を構える「サンコーレアモノショプ」。ユニークなPCパーツや家電、雑貨を開発&販売しているメーカーとして有名だが、2022年8月13日から開催される第100回コミックマーケット(C100)夏コミに最適な商品を紹介している公式サイトが話題になっている。そこで今回は、C100で使える便利グッズの数々を紹介しよう。

寝坊対策から大量の同人誌まで、夏コミ対策ガチ商品紹介!

「サンコーレアモノショップ」は、さまざまなアイデア商品を開発・販売しているサンコーの直販店。カバンにUSBの差込口が搭載されスマホが充電できるバッグや、キッチンに後付けできる食器洗浄機、一人卓上焼鳥が楽しめる卓上コンロなど、痒いところに手が届くアイデア商品が豊富に揃っている。

そんなサンコーでは、公式サイトにおいて「2022年コミケ100【コミケに便利なグッズを紹介】サンコーは夏コミを応援しています!」(サンコー公式サイトは→こちら)というC100夏コミに向けた商品を特集しているので、今回はサンコーがプッシュするコミケ向け便利グッズの一部を紹介しよう。

【おすすめ商品1】 強制目覚ましマットで二度寝知らず「ニドネン」
直販サイト価格:5,680円

商品紹介サイトは→こちら

コミケットで一番怖いのは寝坊だろう。とくにC100ではチケットごとに受付時間が決まっているので、時間通り会場に着いておきたい。そこで活躍するのが、体重計のような見た目の踏んで止める目覚まし「ニドネン」だ。

ニドネンは設定した時刻にアラームが鳴るのは当たり前だが、アラームを止めるにはしっかりと体重を掛けて10秒間、ニドネンの上で直立しなければならない。強制的にベッドから起こす目覚ましなので、商品名のとおり“二度寝”することはないだろう。

体重計のような見た目だが表示は時刻となっている。さらにUSB経由で好きな曲を流すことも可能となっている(写真はサンコーより転載

【おすすめ商品2】夏の定番ハンディ扇風機の進化版「ピタファン」
直販サイト価格:2,680円

商品紹介サイトは→こちら

もはや夏の定番商品となった片手で使えるハンディ扇風機。その進化版がこの「ピタファン」だ。ピタファンは通常のハンディ扇風機のように風を送れるのはもちろん、羽の中心に設置されている冷却プレートを直接肌に当てることで、急速に体温を下げることができる優れもの。これなら、猛暑の夏コミの待機列も耐えられるかも! 価格も2,680円とリーズナブルだ。

ちょっとした工夫で体感温度が下げられるアイデア商品。外気温から17℃も下げれられるという(写真はサンコーより転載

【おすすめ商品3】 屋外用個人専用クーラー「ネッククーラーpro R4」

直販サイト価格:1万2,800円

商品紹介サイトは→こちら

もっと直接的に体温を下げたいなら「ネッククーラーpro R4」がオススメ。ネッククーラーpro R4は、パソコンのCPUなどを冷却するペルチェ素子を搭載した冷却器で、首筋に装着することで血液を冷却し、体全体を冷やすことが可能。

冷却プレートの温度は、弱モードでは外気温から-4℃~9℃(連続使用約4時間)、ハイパワーモードでは外気温から-10℃~-15℃(連続使用約2時間)まで冷えるので、かなり冷たく感じるだろう。

初代からかなり改良され、冷却板を4つ搭載している最新タイプ。IPX5の耐水性能があり耐衝撃でタフな使い方も可能(写真はサンコーより転載

なお、お財布が厳しいときは6,480円(直販サイト価格)とリーズナブルな「ネッククーラーSlim」もあるので、こちらを選ぶのもアリ。

商品紹介サイトは→こちら

【おすすめ商品4】 コミケのために開発された「シュパッと1秒!どこでも座れるリュック」
直販サイト価格:8,780円

商品紹介サイトは→こちら

コミケットと言えば、コロナ前は1日20万人以上が来場する日本最大級の同人イベント。人気サークルや企業ブースなどを目指す人は、朝から何時間も待機列に並ぶことは当たり前である。しかし、長時間待機列に並んでいると体力が奪われ、熱中症のリスクも高まってしまう。

そこで開発されたのが、このどこでも座れる「シュパッと1秒!どこでも座れるリュック」。これは、リュックと椅子が一体化されており、椅子の展開&格納がたった1秒でできてしまう優れもの。もちろん、コミケット以外のイベントやフェス、セミナー会場などでも使えるぞ!

一見、どこに椅子が格納されているのか、分からないほどスリムな見た目のビジネス用リュック。ただし、耐荷重は80kgまでとなっている(写真はサンコーより転載

【おすすめ商品5】 帰りの大荷物もおまかせ!「大容量で背負えるキャリーBOX「オーバーモーツ」」
直販サイト価格:4,380円

商品紹介サイトは→こちら

コミケット会場では、ついつい想定外の同人誌まで購入してしまい、大量の戦利品を前に途方にくれてしまう人も多い。そこで威力を発揮するのが、キャリーバッグに変形するリュック「オーバーモーツ」。

見た目はUber Eats 的なリュックに見えるが、このバッグの内容量は41Lもあり、耐荷重は15kgとかなりの物量を運べるコロ付のキャリーバッグとして使えるのだ。これなら、思わず同人誌を大量購入してしまっても安心だろう。

リュック内の仕切りがないのでリュックとしての使い勝手はあまり良くはないが、大量の同人誌を格納するときには強い味方になってくれるはずだ(写真はサンコーより転載

いかがだろうか? サンコーが自らオススメするコミケ向け商品は、なかなか役に立ちそうだ。ちなみに、サンコー公式通販サイトは2022年8月10日~15日までお盆休みに入るが、秋葉原の実店舗なら営業しているので、どうしても欲しい商品がある人は、今すぐ秋葉原へGO!

(文=西澤浩一)
イメージ写真はサンコー提供