西・南地区は「入場受付」場所が前回と異なる!第100回コミケ(C100)入場導線予想図を発表【コミケPlus編集部】

公開日:2022年8月2日 更新日:2022年8月1日

2022年8月13日~14日の2日間、東京ビッグサイトにおいて記念すべき第100回コミケ(C100)が開催される。しかし、C100では前回の新C99とはルールや入場導線が変更されている部分もある。そこで今回は、コミケ専門誌「コミケPlus」編集部が独自取材で作成した「C100コミケ入場導線予想図」を紹介したいと思う。チケットが当たってコミケに参加する人は、当日の朝ムダに動かないようにしっかりチェックしておこう!

C100の基本情報とルール変更を事前に確認しておこう!

1975年に始まり約47年の歴史を持つコミケ(コミックマーケット)は、いよいよ記念すべき第100回(C100)を迎える。開催日は2022年8月13日、14日の2日間で、会場はお馴染みの東京ビッグサイトだ。

■C100の基本情報
【開催日】2022年8月13日(土)~14日(日)
【開催時間】10:30~16:00 ※通常より30分遅い
【場所】東京ビッグサイト全館
【参加サークル数】1日当たり約1万
【総参加者数】1日当たり8~9万人(予定)
【入場チケット】一般参加者は、事前販売されたチケットを購入できた者だけが入場できる(当日会場でのチケット販売はなし)
【新型コロナ対策】ワクチン・検査パッケージはなし・会場では検温あり(37.5℃以上は入場不可)・屋内で会話するときはマスクを着用

新型コロナの影響が残るC100だが、前回の新C99とルールや入場導線において多少違う部分もある。そこで今回は、コミックマーケット準備会の協力を得て、毎回コミケの直前に発売されているコミケ専門誌「コミケPlus」編集部が、独自取材で作成した入場導線予想図を紹介しよう。

また、C100の基本情報やルールについては変更されることもあるので、必ずコミケ公式サイトで最新情報を確認してほしい。2022年7月14日には、すでにマスクの着用方法についてルール変更が行われている。

その内容は、熱中症予防対策の意味合いもあり屋外(トラックヤード、屋上展示場、庭園、屋外待機場等)では、人との距離が確保できる場合や会話をほとんど行わない場合はマスクを着用する必要はないというもの。

ただし、屋外で距離が確保できず会話や発声を行う場合はマスク着用が必要になるので、やはり、コミケには基本的にマスクを持って行くようにしたい。

●コミケ公式サイト「コミックマーケット100の開催について(2022年6月10日・7月14日更新)」→こちら

C100 コミケ コロナ 検温

前回の新C99では「ワクチン・検査パッケージ」が導入され、ワクチン接種証明書やPCR検査陰性証明書などの提示がないと入場できなかったが、C100ではこれは見送られている。ただし、検温で37.5℃以上あれば入場できないのは同じ(画像はコミケPlus編集部提供)

C100の入場導線は「西・南地区」と「東地区」に分かれる!

C100のチケットに当選した一般参加者は、当日、りんかい線「国際展示場」駅やゆりかもめ「東京ビッグサイト」駅に到着したら、どうすればいいのだろうか?

まず、C100では前回の新C99同様「西・南地区」と「東地区」に分かれて入場することになる。

チケットを購入した人なら、西1-2ホールはサークルスペース、南1-2ホールは企業ブース、東1-6ホールはサークルスペースとなっているのはご存じだろうが、東京ビッグサイトの展示ホールがどうなっているかは事前に確認しておきたい。

■展示ホールの利用状況
【東1~6ホール・1F】サークルスペース
【西1~2ホール・1F】サークルスペース
【南1~2ホール・1F】企業ブース
【西3~4ホール・4F】一般参加者待機列場所
【南3~4ホール・4F】西南地区側の一般参加者検温等確認&一般参加者待機列場所
【東7ホール・1F】東地区側の一般参加者検温等確認、宅配便荷受け&東地区コスプレエリア
【東8ホール・1F】東地区コスプレ更衣室
【会議棟・1F】西南地区コスプレ更衣室
【屋上展示場・庭園】西南地区コスプレエリア

C100 コミケ 入場導線 東京ビッグサイト

駅に到着したらそれぞれの地区の「入場受付」を目指そう。東地区は「東7ホール」、西・南地区は「南3ホール」が「入場受付」場所となっている。ここで、検温を済ませたらリストバンドを受け取り、入場待機列に並ぶことになる(画像はコミケPlus Vol,17本誌より転載)

なお、C100では西・南地区と東地区をつなぐブリッジが閉鎖されることはなく終日通行可能なので、仮に、東地区のチケットを間違って購入して東地区から入場したとしても、西・南地区へ移動することは可能となっている。

C100 コミケ ブリッジ閉鎖

前回の新C99では西・南地区と東地区をつなぐブリッジが午前中は閉鎖されていたが、C100では終日通行可能となっている(画像はコミケPlus Vol,17本誌より転載)

東地区は新C99と同じ、「東7ホール」を目指そう!

まず、東1-6のサークルスペースのある東地区に行きたい人は、新C99と同じように入場受付となる「東7ホール」を目指そう。

ここで検温と手指消毒を済ませたら、入場チケットを提示してリストバンドを受け取り、その後東駐車場の入場待機列に並ぶことになる。

C100 コミケ 入場導線 東京ビッグサイト

駅に着いたら東京ビッグサイトの奥にある「東7」を目指すことになる。検温を済ませリストバンドを受け取ったら、東駐車場の入場待機列に並ぶ(画像はコミケPlus Vol,17本誌より転載)

C100 コミケ コロナ 検温 ワクチン

「東7ホール」が「入場受付」となり、検温とリストバンドの受け渡しが行われる。ちなみに、東7の残り半分はコスプレエリアとして使用される予定だ(画像はコミケPlus Vol,17本誌より転載)

C100 コミケ 東駐車場 待機列

リストバンド型参加証を受け取ったら、東駐車場の入場待機列に並ぶ。ここは日除けになるものが一切ないので、日傘、ハンディ扇風機、冷たい飲み物といった暑さ対策をしっかり準備しておきたい(画像はコミケPlus Vol,17本誌より転載)

西・南地区は南展示棟4Fの「南3ホール」を目指そう!!

西1・2ホールのサークルスペースや、南1・2ホールの企業ブースを目指す人は注意が必要だ。新C99のときに利用されていたG1街区(駐車場)は今回利用できないため、西・南地区の「入場受付」は「南3ホール」に変更されている。

駅に着いたら、そのまま東京ビッグサイトのやぐら橋を上って西・南展示棟を目指そう。セブン-イレブンの横を抜けて屋外階段を昇ったら4Fの屋上展示場を真っすぐ進み、南3ホール(入場受付)に入場すればいい。

南3ホールで検温を済ませてリストバンドを受け取ったあと、西1・2ホールの「サークルスペース」に行きたい人は、西3・4の入場待機列に向かい1Fに降りることに。

また、南1・2ホールの「企業ブース」に行きたい人は南4ホールの入場待機列に並び、そこから南展示棟内のエスカレーターで1Fまで降りることになる。

C99 コロナ 検温 ワクチン

こちらは前回新C99のときに「入場受付」として使用されたTFTビル横のG1街区(駐車場)。C100では使用されないので注意したい(画像はコミケPlus Vol,17本誌より転載)

C100 コミケ 屋上階段

南展示棟4Fにある「南3ホール」へは、やぐら橋を上って2Fへ。セブン-イレブン横を抜け真っすぐ進み、写真の屋外階段を上って4Fへ上がる(画像はコミケPlus Vol,17本誌より転載)

C100 コミケ 南3

西展示棟4Fの屋上展示場を突っ切っていちばん奥まで進むと、入場受付となる「南3ホール」の入り口が見えてくるはずだ(画像はコミケPlus Vol,17本誌より転載)

コスプレイヤーは事前にコスプレエリアを確認しておこう!

C100でコスプレする人やコスプレイヤーを撮影するカメラマンも、事前に有料チケットを購入しないと、コミケに参加することはできない。

各地区の入場受付を済ませてから、コスプレイヤーはそれぞれの更衣室に向かうことになるが、東地区は「東8ホール」、西・南地区は「会議棟1F」が更衣室に指定されている。

コミケでは、基本的にどこでコスプレを楽しんでもよいが、撮影は指定された「コスプレエリア」で行うことになっている。

東地区は「東7ホール」と「東8ホール外」が、西地区では「庭園」「屋上展示場」「西4ホール」がコスプレエリアとなっており、南展示棟には設定されていない。

コスプレに関しては、コミケ公式サイトでも詳しく解説されているので、コスプレイヤーやカメラマンは事前に確認するようにしたい。

●コミケ公式サイト「コスプレ&コスプレ撮影 サポートページ」→こちら

C100 コミケ 入場導線 東京ビッグサイト

東地区は「東7ホール」と「東8ホール外」が、西地区では「庭園」「屋上展示場」「西4ホール」がコスプレエリアとなっている。コスプレエリアは10時30分から16時まで利用できるが、屋上展示場は11時以降、西4は12時以降となっているので注意しよう(画像はコミケPlus Vol,17本誌より転載)

なお、ここ数年は夏コミ開催時期に合わせて隣接する広域防災公園で「防災フェア」が実施されていたので、コスプレ衣装のまま移動することが可能となっていた。

しかし、C100では防災フェアが開催されないため、コスプレ衣装を着たままコミケ会場外に出ることはできなくなっているので注意しよう。

まとめ

いかがだろうか? 今回紹介した「入場導線予想図」はあくまでもコミケPlus編集部が独自取材を行って作成したものであり、実際、当日の会場では状況に合わせてルートが変更されることがある。

コミケ当日は、必ず現場のスタッフの指示に従って、混乱のないように入場するように気を付けてもらいたい。

なお、今回の内容は「コミケPlus Vol,17」のC100参加マニュアルコーナーの記事を一部抜粋したものである。もっと詳しく知りたい人は本誌のほうで確認してもらいたい。コミケPlus Vol,17は、専門書店やAmazon、公式直販サイトなどで発売中だ。

●Amazon「コミケPlus Vol,17」→こちら

●コミケPlus公式直販サイト「コミケPlus Vol,17」→こちら

 

(文=いしばしいちろう)
イメージ写真はコミケPlus編集部提供