おもちゃのことなら上野の老舗にお任せ!ビルまるごとおもちゃ屋さん!上野を代表するおもちゃの老舗「ヤマシロヤ」

公開日:2022年7月4日 更新日:2022年7月16日

御徒町駅から上野駅の間には戦後の闇市から発展した「アメヤ横丁(アメ横)」があり、昔ながらの小売店が問屋が密集している。そのなかでも、上野駅前にあるおもちゃの老舗といえば「ヤマシロヤ」だろう。今でも多くの子供から愛されるおもちゃ屋を紹介していく。

ビルにおもちゃが詰まっている! 子どもたちのワンダーランド

「ヤマシロヤ」は1882年(明治15年)に旅館として創業。1951年(昭和26年)におもちゃの販売を開始し、2001年(平成13年)には現在の上野駅前ビルが完成したという創業140年の歴史を持つ老舗のおもちゃ屋さんだ。

ヤマシロヤは上野駅の広小路口を出ると、道を挟んですぐ目の前という分かりやすい場所にある。年末には買い出し客で賑わう繁華街「アメ横」もJR線の高架を挟んだ反対側にあり、ショッピングや食べ歩きにも最適なエリア。

何しろヤマシロヤはビル全体がおもちゃ屋さんで、すべてのフロアを巡るには時間がいくらあっても足りないほど! しかし、各階ごとに取り扱っているジャンルが区分けされているため、品揃えが多いにもかかわらずお目当てのアイテムが探しやすいのが特徴だ。

1Fは路面に設置されているカプセルトイや、今流行のおもちゃを取り扱っており常に賑わっている。インバウンドのお土産需要もあるようで東京の名物や日本的な土産も数多く用意されている。

ほかにも、B1はファンシーキャラ、2Fはアニメや海外トイ、3Fはパズルやゲームキャラ・トレカ、4Fはキッズトイ、5Fはフィギュアやホビー、6Fはイベントスペースとなっている。

もちろん、エレベーターがあるので、もし目的のおもちゃが決まっているなら目当ての階に直行すればいい。そうでないなら、一旦最上階まで登ってから徐々に降りていくスタイルがおすすめ。

実は、わざわざ階段を使わせるのには理由がある。それは階段に掲示されているポスターやポップのカオス感! 訪れた際には、是非この階段を体験してみてほしいのだ。おもちゃ好きならたまらない空間だぞ。

上野駅前の広小路口を出ると、道を挟んですぐ目の前という分かりやすい場所にあるヤマシロヤ。アメ横もすぐ近くにある(筆者撮影)

ヤマシロヤ 1F トレンドトイ

1Fは今流行しているトレンドトイが中心。まずは最近の人気おもちゃをチェックしてみよう(筆者撮影)

ヤマシロヤ フロア案内

ヤマシロヤのフロア案内。各階ごとに取扱商品が違うので、目的のおもちゃを探しやすい(筆者撮影)

ヤマシロヤ 階段

階段はさながらおもちゃの紹介スペース。壁一面にポップやポスターで埋め尽くされ、ついつい足を止めてしまう(筆者撮影)

ヤマシロヤ 商品ポップ

おもちゃによっては、大きなポップなどの展示で楽しませてくれる。何度行っても飽きることはないだろう。(筆者撮影)

(文=西澤浩一)
イメージ写真は筆者撮影

店舗名
ヤマシロヤ
住所
東京都台東区上野6-14-6
電話番号
03-3831-2320
営業時間
11:00~20:30
休日
元日
最寄り駅
JR 上野
@toy_yamashiroya
https://e-yamashiroya.com/